スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター 第23話感想

序盤で春香さんが、ライブの練習を皆で頑張ろうと連絡する際に、団結という言葉を使っていました。
アイマス2のテーマにもなっている言葉だそうですが、普通はこの言葉を聞いてどのような関係を想像するのでしょう。
同じ場所に居て、同じものを見て、同じ行動をして、同じ思いを分かち合う。
竜宮小町組をプロデュースできないと知った人達が、テーマに反する事をするなと怒っていた様子を思い返せば、意外とそんな風に考えている人も多いような気がします。
少なくとも今回の春香さんは、このように考えていたのではないでしょうか。特に今の彼女は、アイドルとしての目的が希薄になっていて、皆と一緒に居る事こそがその目的になっているように感じますから。

劇中で「皆」という言葉が繰り返し強調されていましたが、タイトルは「私」なのですよね。
皆の為を考えているつもりだけど、結局は自分の為なのでしょう、という皮肉を表している面白いタイトルだと思います。
本当の願いをオブラードに包んで、そのオブラードの部分だけを自分の願いだと思い込む。そういう過ちは、誰もが犯してしまいますよね。
なんだか自分の事を思い出してしまって、胸の痛くなるお話でした。

ところで今回の春香さんは、公式非公式問わず今まで観てきた作品の中で、自分のイメージする姿に一番近い描かれ方だと感じました。
二次創作でもたまに心が挫けてしまう様子は描かれますけど、そのほとんどは失恋によるものです。
でも、違うのですよね。
別に恋愛に限らずとも、例えば友達の事とか仕事の事とか家族の事とか、そういう日常的な問題に対しても、彼女は悩んだり落ち込んだりするのだと思います。
20話の感想でも少し書きましたが、今回のように自分の気持ちに振り回されながらも、それでも可愛く魅力的に描かれる春香さん。自分はそういうところが好きですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろざと

Author:くろざと
こっちでひっそり活動中

pixiv

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。