スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター 第21話感想

黒井社長がジュピターに言った台詞。いつか私が正しかった事に気付くだろうという言葉。襟元を正して言うからには、おそらく彼の人生訓なのでしょう。どんな過去があったのか知りませんが、そんな考えに至ってしまった彼の人生は、幸せなものではなかったのかもしれません。
今となってはなぜあそこまで765プロの邪魔をする必要があったのか、少々疑問が残ります。でも彼は自分のしてきた行為を、正しい事だと考えていたようですね。ただの負け惜しみかもしれませんが、不思議と胸に突き刺さりました。

彼はいつも偉そうにしていますが、おっさんとか黒ちゃんとか呼ばれても意にも介さない様子でした。
一見すると器が大きいようにも見えますが、今までの言動から考えるとそうではなさそうです。思うに彼は、人間関係に対してあまり執着を持っていないのでは無いでしょうか。
人との繋がりとか信頼関係とか、そういう事に対して彼は、どうでもよいものと考えている気がします。
だから人を簡単に駒として扱うし、平気で使い捨ててもきたのでしょう。そしておそらくは、同じように使い捨てられてもきたのでしょうね。

シックなお店のカウンターで、小鳥さんの歌声をバックに語り合う社長達の姿が今回一番のお気に入り。
高木社長と吉澤さん、そして恐らくは小鳥さんも、黒井社長の事を気にかけていたようです。
かつては同じ夢を追って共に歩んでいた旧友の、如何にも大人な雰囲気のやりとりが素敵でした。
黒井社長以外は、若者達に道を譲ってそれを見守る役へと回りました。でも彼だけは自分が主役のまま、その道を歩み続けようとしています。
それは結果として他者に迷惑をかける愚かしい真似となっていますが、実を言うとそこまで精力的な彼の生き様に、羨ましささえ感じます。

さて、14話から続いていた黒井社長のお話も、さすがに今回でおしまいでしょうか。
もっとあっさり退場させられるかと思ってましたが、ここにきて予想外に深く掘り下げられました。最後まで憎まれ役でしたが、やっぱり彼もアイマスのキャラクターとして大切に扱われていたのですね。なんだかそれが嬉しく思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろざと

Author:くろざと
こっちでひっそり活動中

pixiv

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。