スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター 第13話感想

ここに来て、春香さんが頭角を現してきました。自然とみんなの中心に来るところなんかは、やっぱり彼女の人徳がなせる業なのでしょうか。
急ごしらえのセットリストに響さんが不安を漏らしたところで、「でも、今はこれでやるしかないよね」とすぐさま答える彼女が好きです。自分自身にも言い聞かせている感じなのが良いですね。

今回は全体的に構成も素晴らしく、最後の合唱辺りの盛り上がりは圧巻でした。
この曲を練習しているエピソードがあって、このために頑張っていた彼女達の姿を知っているから、より一層感動を覚えます。
前回、前々回のエピソードは、きっとこのシーンを盛り上げる為の仕込みの意味もあったのですね。

ところで今回思ったのですが、記者の吉澤さんは結構重要なキャラクターではないでしょうか。
かなり地味な風貌の、気さくで物静かな中年男性。アイドル達にも直接絡むような事はほとんど無いですが、彼の存在がその華やかさを引き立たせ、かつ作品全体の雰囲気を引き締めているのだと思います。
例えるなら、喫茶店で頼んだアイスクリームに付いてくるウェハースの様な存在。
公式の他作品には若い女性記者さんが居るようですが、もし彼の登場シーンを、その女性記者に差し替えてみたらどうなるでしょう。きっと全体的にフワフワと浮ついて、何だかだらしない感じになっていたと思います。
アイマスは結構ふっとんだ設定も平気で飛び出す世界です。でも彼のように、普通の人が普通に居られる世界でもあります。個人的にはそういう落ち着いた所が、見ていて心地よく感じるポイントですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろざと

Author:くろざと
こっちでひっそり活動中

pixiv

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。