スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイドルマスター 第9話感想

車の中で、放送が始まる時間に気付いてラジオをつける真美。すぐにその音量を下げて、話を始めるプロデューサー。亜美と別々に過ごす彼女の気持ちを分かると彼は言うけれど、実はあまり分かっていない事が見て取れる面白いシーンでした。

最初の話から一貫して描かれているけど、プロデューサーはアイドル達にとって、完全な理解者でもなければ完璧なアドバイザーでもないのですよね。良い人だけど仕事が出来るわけでもなく、ただみんなの中に馴染んでいるだけのビジネスパートナー。
そんな彼がアイドル達をどの様に理解してゆくのか、毎回気になるポイントです。この作品を見るに当たって、実はそこが一番の楽しみだったりしています。

お話の展開も終着点もほとんど予定調和であろうこの作品で、彼だけが不確定要素なのだと思います。だから興味を持ってしまうのでしょうね。

なんか9話の感想っぽくないですが、今回はこんな感じで。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くろざと

Author:くろざと
こっちでひっそり活動中

pixiv

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。